コンテンツへスキップ

30代の人生観 人生最後の日にあなたは何をやりますか?

jill111 / Pixabay


こんにちは、ヤタローです。

今回は『30代の人生観』と少々重たいテーマですが、楽しければ良かった20代から大人の道を歩み始める30代。一度自分の人生について考えてみることも大切だと思います。

というわけで、タイトルにある通り『人生最後の日にあなたは何をしますか?』ということについて書いていきたいと思います。

よく聞く質問の『人生最後の日に何を食べたいですか?』ではありませんよ(笑)
ちなみに私は筋子おにぎりを食べたいですね(笑)
そういえば以前、妻にこの質問をしたとき、妻も筋子おにぎりと答えたんです。まさかの被りにびっくりしたんですが、そこは夫婦。普段いがみ合ってても、心は通じてるんでしょう(笑)

少し話が逸れてしまいましたが、本題に行きたいと思います。

 


■ もし今日が自分の人生最後の日だとしたら


ckgodman / Pixabay

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?

これはいまや超有名企業であるアップルの創設者・スティーブジョブズがスタンフォード大学の卒業祝賀スピーチで述べた有名な言葉です。

私は毎朝鏡をみて自分にこう問いかけるのを日課としてきました。「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいのだろうか?」それに対する答えが”NO”の日が続くと、何かを変える必要があるな、と悟るわけです。自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。これは私が人生の重大な決断を迫られた時、決断を下す最も大きな手掛かりになってくれました。
何故なら、ありとあらゆる物事のほとんど全ては私たちが死んだ瞬間に全て、きれいサッパリ消え去ってしまうからです。そして後に残されるのは本当に大事なことだけです。

あれだけの企業を作り出したスティーブジョブズの言葉ですから、非常に示唆に富んだ言葉であると言えますよね。

さて、あなたがもし「死」を目の前にしたら一体何をしたいと願いますか?

自分の人生を振り返った時に『もっと仕事をしておけばよかった』とか『あれを買っておけばよかった』と後悔する人はまずいないですよね。

ほとんどの人がパートナーや子供、家族、恋人のことを考えて『もっと時間をかけて楽しい思い出をたくさん残せばよかった』と思いますよね。
人生には大切なものがたくさんあると思います。でも突き詰めてみれば「家族」がなによりも大切だという人が多いと思います。

それでは皆さんは日頃、どれくらい家族のことを大切にしながら生きているでしょうか?
もちろん生活には色々な要素があるので仕事も勉強も趣味も付き合いも、みんな大切ですよね。そして頭では家族が一番大切なのは理解していても、日々の忙しさからついつい、ないがしろにしてしまうと思います。
でも何をするにも「自分にとってなにが一番大切か?」を見失うことなく、毎日を過ごすことがとても大事なことだと思います。

もちろん家族とはいえ、人間同士ですから憎たらしいこともありますよね。

私も先日、朝から妻と喧嘩して険悪な雰囲気の中、妻が先に出勤したんです。そのあと私も出勤しようと靴を履いて玄関を出ようとした時に激しく転倒したんです。なにが起きたかわからなかったんですが、よく見ると私の靴同士が紐で結ばれていたんです。

わかりますか?右足と左足の靴紐を一緒に結んで歩けなくするというトラップを仕掛けられたんですよ!信じられます?(笑)
これは喧嘩というより、刑事事件ですよ!(笑)

その時は憎たらしいを通り越して、若干殺意が湧きましたが...(笑)

と、こんなヒドイ仕打ちを受けたこともありましたが、やっぱり私も人生で最も大切なことはなにか?と聞かれたら「家族」なんです。別にドMなわけではありませんよ(笑)

悪い時もいい時も、楽しい時も辛い時も、頭の片隅でもいいから「自分にとって一番大切なこと」を見失うことなく日々を過ごすのが大切ですよね。

そして今、この瞬間にも私は死んでしまうかもしれません。いつか必ず来る「死の瞬間」に後悔しないよう精一杯「一番大切なこと」を大事にして生きていきたいと思います。

 


いかがでしたか?今回は人生について考えてみましたが、30代というこの年代。少しだけ今後の自分の生き方を考えてみるのもいいかもしれませんね。

後悔だけはしないよう、今も未来もハッピーに生きていきましょうね。

それでは今回もお読みいただきありがとうございました。
また次回もお楽しみに!                   ヤタロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。