【あなたは大丈夫?】頭皮の臭いの原因と対策方法

「毎日シャンプーしているのに臭い…」

「朝起きると枕が臭い…」

「もしかして周りに臭いって思われてる?」

などなど…

頭皮の臭いに悩んでいる人って多いんです。

でもいつまでも悩んでネガティブになるなんてもったいない!

頭皮の臭いはキチンと原因を知り、対策することで防ぐことができます。

ここでは頭皮が臭くなる原因と対策方法をわかりやすく解説します!

頭がぷ~ん!? 頭皮の臭いの原因とは?

頭を抱える女性

頭皮の臭いの主な原因は「皮脂」や「汗」です。

さらに頭皮には「常在菌」と呼ばれる雑菌が棲みついているので、これらの雑菌が排出する脂肪酸も、頭皮の嫌な臭いの原因となります。

暑い夏の日は、髪が皮脂でベトつく…なんて経験した方も多いと思います。

それもそのはず、頭皮の皮脂分泌量はほかの部位に比べて圧倒的に多いんです。

さらにシャンプーやリンスの洗い残しが油分として頭皮に残っていると、それらが酸化してあの「すっぱ~いニオイ」が発生するんです。

つまり頭皮の臭い対策には、余分な皮脂をしっかりと洗浄し、シャンプー・リンスの洗い残しをなくすということが大切だとわかります。

洗い過ぎは逆にNG!? 頭皮の臭い対策方法

シャンプーする男性

頭皮の臭いが気になるからといって、一日に何度もシャンプーすることは逆効果です。

これは皮脂を全て取り除いてしまうと、余計に皮脂が分泌されてしまい臭いを悪化させてしまうため。

そのためシャンプーは一日一回で十分なんです。

ただし皮脂を綺麗に落とすシャンプーの仕方や、常在菌を抑えるシャンプーを使用するなどの工夫が必要です。

ここからは正しいシャンプー方法と、頭皮の臭いを防ぐのにおすすめのシャンプーを紹介していきます。

頭皮の臭い対策:正しいシャンプーの仕方知ってる?

正しいシャンプーの仕方ってTVや雑誌でよく見たことがあるのに、日々のシャンプーはついつい適当になりがち…

そんな経験があなたもあると思います。

でも頭皮の臭いを防ぐには正しいシャンプー方法が絶対必要!

ここでもう一度おさらいして、今日からしっかり洗いましょう!

・正しいシャンプー方法

【手順1】まずはお湯でしっかり洗浄

まずはお湯でしっかりと汚れを落とすことが大切です。

さっと濡らす程度ではなく、1~2分かけてしっかりと髪と頭皮の汚れを落として下さい。

お湯の温度も40℃くらいがベスト。あまり熱い温度だと、頭皮に必要な油分まで流れてしまい、逆に臭いを引き起こします。

【手順2】シャンプーは適量で!

実はしっかりとお湯で洗う工程をすれば、この時点で汚れの8割は落ちているんです。

ですから、シャンプーをやたらと使ってゴシゴシ洗う必要なんてないんです。

逆に使い過ぎることで、大量のシャンプーが頭皮に残り、臭いを引き起こしてしまう原因になってしまいます。

そのためシャンプーは適量で充分。

ミディアムヘアで2プッシュ、ロングヘアで3プッシュくらいが適量と言われています。

【手順3】しっかり泡立て、優しく、丁寧に

シャンプーを手にとったら、まずはしっかり泡立てます。シャンプーを直接頭皮にかけるのはNG!必ずしっかり泡立ててから髪につけて下さい。

洗う時は指の腹を使い、毛穴から脂を絞り出すようなイメージでマッサージしていきます。

爪を立ててガリガリやるのは頭皮を傷つけるうえ、臭いを発生させる原因になるので注意が必要。

必ず優しく、丁寧に。

【手順4】これが一番重要!しっかりすすぐ

どんなに丁寧にシャンプーができても、綺麗に洗い流せなければ意味がありません。

頭皮の臭い対策にはこの「しっかりすすぐ」ということが一番重要です。

では具体的にどのくらいすすげばいいのかというと、私たちが普段シャンプーする時って、特に意識もせず、1分ほどですすぎ終わっていることが多いんです。

そのため「もう流せた」と思ってから、もう1分ほどしっかり流すことを意識すれば「しっかりすすげた」といえます。

以上が正しいシャンプーの方法です。

でもいくら正しいシャンプーをして頭皮の皮脂を落とせても、頭皮に棲みつく「常在菌」を防ぐことはできません。

この「常在菌」も頭皮が臭い!となる原因ですので、しっかりと防ぎたいですよね。

そこで頭皮の常在菌を防ぎ、皮脂もすっきりと落としてくれるシャンプーを使うことがオススメです!

まとめ

頭皮の臭いの原因

・頭皮の皮脂、汗、雑菌がすっぱい原因!
・シャンプーの洗い残しも要注意!

頭皮の臭い対策

・正しいシャンプー方法でしっかり洗浄!
・洗い過ぎは逆効果!
・常在菌を防ぐシャンプーが効果的!

自分では意外と気付きにくい頭皮の臭い。

もしかして誰かに臭いって思われてるかもしれません。

周りを不快にさせないためにも、しっかりと対策してフレッシュな頭皮を目指しましょう!